ページごとに異なるレイアウトを使うことが可能!

フォトブックの特徴の一つが、自由自在なレイアウトです。フォトブックに写真を載せる際にはまず、レイアウトを決めてから写真を挿入していきます。フォトブックの業者にもよりますが、たいていの場合はかなりの数のレイアウトが用意されているはずです。1ページに写真をたくさん載せたいなら、細かく区切られたレイアウトを選んだり、シンプルなページにしたいなら写真の挿入枠が少ないレイアウトを選ぶと良いでしょう。ちなみにこのレイアウトは各ページごとに設定することが可能です。前後のページと被らないレイアウトを使えば、見ていて飽きないアルバムを作ることが出来るのではないでしょうか。各ページのレイアウトを工夫して、オリジナリティの高いフォトブックを作ってみてくださいね。

お気に入りの写真は大きく載せちゃおう!

通常のアルバムに写真を保管していく場合だと、写真の大きさは現像した時のサイズで決まってしまいます。しかし、フォトブックだと写真を載せる段階で、写真を小さくしたり、大きく加工したりすることが可能なのです。そのため、お気に入りの写真があるのならそれを1ページに大きく載せることだって出来てしまいます。綺麗に撮れた写真を大きなサイズで見たいという人にとっても、フォトブックはピッタリなアイテムだと言えるでしょう。また、フォトブックを作成してくれる業者によっては、見開きを利用して写真を載せることも可能です。見開きに大きく印刷された写真はインパクト抜群。このように、フォトブックならお気に入りの写真を好みのサイズで保管することが出来ますよ。